日本語 繁體中文
ため池などの水面を有効利用したフロート式ソーラーによる太陽光発電を手掛ける 株式会社 環境資源開発コンサルタント
ため池ソーラー社
9:00~17:00(月~金)

施工の流れ

1.シャーシ組立

【フロート上部の架台組付】

・作業台にファインフロアー配置します。(4本)
・規定寸法の位置出しをします。
・ベースアングル底板を配置します。(左右3組)
・ベースアングルをファインフロアにボルト締めます。

 

2.フロートベース組立

【発泡材の下地組立】

作業ステージにアルミバンドとワイヤを配置します。

発泡材をステージに移動し、配置します。

発泡材(表面処理済み)配置調整します。

【フロートベースとシャーシの結合】
先のシャーシ部を発泡材上に移動設置します。

アルミ側板とアルミコーナー板取り付けます。

パネルアングルを取り付けます。

クロスバー(最北列3個)の取り付けをします。

3.太陽光パネルの取付け

【太陽光パネルの設置】

いよいよ太陽光パネルの取り付けです。

パネル配線します。(フロート内)

4.進水

【進水・係留作業】

準備が整ったので、進水します。

最後に係留します。

 

 

その他、水面ソーラーでの豊富な実績がありますので、以下のように様々な工夫が施されています。